梅薫る京都・北野天満宮。

梅といえば北野天満宮

気温がぐんと上がった2月半ばの日曜日に梅を見に京都・北野天満宮へ行ってきました。
例年より早めに開花が進んでいて、ちょうど見頃を迎えていました。

1歳の息子にはちょいと早過ぎたようで、梅を見上げるどころか、神社の敷地の砂利が気に入ったようでしゃがみ込んで動きませんでした。
写真を撮っても仏頂面で、先週行った科学博物館のほうがよっぽど楽しそうな顔していたから。
子供って正直。

菅原道真が祀られている北野天満宮、学問の神様として大変有名ですよね。
もちろん撫で牛様を撫でてきましたよ、息子が賢くなりますようにと。(親のエゴ)

京の蔵とポルトガル菓子

梅見の後は、北野天満宮を出てすぐのところにあるポルトガル菓子のカフェCastella do Pauloで休憩しました。


元は酒屋の蔵を改装したレトロモダンな2階立て建築にポルトガルのインテリアが独特の雰囲気。
ショーケースにはポルトガルの郷土菓子が並んでおり、コーヒーはエスプレッソやカフェラテではなく、ビッカガラオンとポルトガルでの呼び名でメニューに記載されていました。

2年前に訪れたマデイラ島での思い出が懐かしい。
ポルトガルのコーヒーについてはこちらの記事をどうぞ。

飲み物はもちろんブレンドコーヒーやお紅茶、ジュースもありましたよ。
カステラの食べ比べが人気のようでしたが、今回はコーヒーだけいただきました。

お出かけも好きだけど

お出かけするのも楽しいけれど、家でゆっくりしたり、公園でピクニックしたりするほうが好きかもしれない。
子供が小さい時は特に。

深く華やかな梅の薫りに春の到来を感じますが、まだ厚手の上着をクローゼットの奥へは仕舞えない2月の終わり。

球根花たちの忍耐強さが羨ましい。
三寒四温、体調を崩しやすい季節ですので、皆様もご自愛くださいませ。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *